ヨーガのポーズは身体を壊しやすい?!

ヨーガは身体によい という先入観をもっている方が大半でしょうが、

ヨーガで身体を壊す人が少なくありません。

ヨーガのインストラクターでさえ クラスで左右一対のポーズでも

片側だけ自分でやって見せて、そのあとは生徒さんを指導したりするので

身体のバランスを崩し体調わ悪くしてしまうこともあります。

また習っている方も、グイグイやって頑張れば身体が柔らかくなると勘違いし、

痛みが出ても我慢してやり過ぎてしまう人がいます。

その結果、腰が痛い、背中が痛いとマッサージや整体に行き、ヨーガで身体を壊したとなるのです。


インドのヨーガの場合、ほぐす という考え方が少なく、すべて ヨーガのポーズから始まります。

その点、武術では怪我防止の修正体操やほぐすことがまず大事と考えます。

体が固めの方がヨーガをされる場合、まずは 身体をゆるめ ほぐす ことを

最初にお勧めしています。

長い長い歴史を持つ「ヨーガ」を、簡単に理解することや、一口で語ることは、もともと不可能。

ですから、継続的な勉強が必要ですし、今の自分自身に何が必要で、

何が具体的に実行可能かを確認しながら、一歩一歩進むことが、大切。

自分の今の身体の声に耳を傾けることがヨーガの最初の始まりです。 

ヨーガを単なる健康法、スポーツの一種ととらえないことです。

からだ塾

私のように「カラダが固い」ために何度も挫折したり、興味はあるけど自分には無理とあきらめたり、不調に悩まれてる方を対象とした、 気負わず楽しめる、レベル0からはじまるヨガ教室をはじめて約15年、場所をJR兵庫駅に移し新しくアトリエをオープン、さらに悩みや目的に特化した少人数制のクラスを始めました。

0コメント

  • 1000 / 1000